チームBMGは~社会の為になる事をあなたとともに~をテーマに
真に社会で役に立つ人格と行動の形成に寄与することを目的としています。

社会の為になる事をあなたとともに。お問い合せは、Team BMG Organized Group (チームBMG ⇒ 緑色のBMG)へ。

BMG Info.

Team BMG Organized Group
チームBMGご挨拶に代えて

社会の為になる事をあなたとともに

あなたにはこの絵がどの様に映りますか? この絵の意味するところが解りますか?
【嫁と義母(よめとぎぼ)】
My Wife and My Mother-In-Law

父親からの【贈り物仕事】は
  今の生活を支えるため。
人創り】は
  未来の社会を支えるため。
そして、歩んできた道の出会いの数だけ
感謝】がある。
―― 【隠し絵】に隠された秘密 ――

  == 【ひと】として芯がしっかりとした考え方と道徳心を持った【心】が豊でなければ会社を経営してはなりません。==

その時は突然にやってきました。もっと時間があるとばかりに思っていました。死を迎えるその瞬間まで、一生懸命に生きた父親から受け取った、私への最後の【無言のメッセージ】だったような気がします。

今までの人生が時間とともに色あせていき、【間に合わなかった…】という後悔の念だけが重くのしかかるようになりました。それは、私にとっての大きな【パラダイムシフト】でした。

  ―― 私は元に戻すことができない、人生の優先順位を大きく間違えてしまった ――

1888年、ドイツのハガキに描かれた作者不明の【嫁と義母(よめとぎぼ、My Wife and My Mother-In-Law)】という【隠し絵】(右上の挿絵:参照)があります。

時代とともに幾度となく改作され、世界的にベストセラーとなったビジネスの著書「7つの習慣」でも引用されました。

日本では多くの場合「若い女性と老婆」と訳されているようですが、何も知らずに、この絵を初めて見た人は、若い世代では【若い女性】を、そして、年配の世代では【老婆】を最初に認知する割合が高い、という傾向にあります。

興味深いことに【若い女性】と認識した場合、もう一人の人物である【老婆】には殆どの場合気がつくこともなく【若い女性】!と思い込んでしまいます。もし【老婆】と認識した場合、もう一人の人物である【若い女性】には気がつくこともなく【老婆】!と、同じように、思い込んでしまいます。

この【隠し絵】の例の様に、同じ絵を見ているにも関わらず、【ひと】は必ずしも同じ絵を感じ取っているのではありません。

しかも、どのように見えているかによって、【ひと】は自らの行動に無意識に反応をしています。

この絵の女性を【若い女性】と受け取った人には、この絵の女性を【老婆】と受け取った人とは、当然の事ですが、意見がかみ合いません。

  ―― 理解していたつもりになっていた ――

この絵を【若い女性】と認識してしまえば、【若い女性】に立った立場で相手を思いやることでしょうし、また、お仕事であれば、【若い女性】向きのサービスを薦めることでしょう。

もし、この女性を【老婆】と受け取っていたならば、この【老婆】に対する思いやりや、サービスの優先順位も、全く違ったものになっていたことでしょう。

そして、もっと重大なことは、この【老婆】にとっては、【時間的な余裕】も残されてはいない・・・、と言うこと。当然、彼女にとっての優先順位も違ってくるわけです。

私の父親に当てはめて考えれば、最悪シナリオでは、取り返しのつかない事態も考えられる、、、と、そう思うべきでした。そうして実際に不幸が起こってしまいました。

  ―― その日からどういう訳か、走馬灯の様に ――

自分が物心ついた時から現在に至るまでの自分と父親や家族、仕事を通して出会った方々や出来事が脳裏に浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返し、まるで検証作業をしているかのような、それは3年以上経っても続いていました。

後悔の念に悩み苦しみながらも、段々と、それらが父親からの【贈り物】のように思えてきました。一生懸命に生きた父親から受け取った、私への最後の【無言のメッセージ】。

  == 【ひと】として芯がしっかりとした考え方と道徳心を持った【心】が豊でなければ会社を経営してはなりません。==

  == 事の大小はあったとしても「何のために仕事をしているのか?」、「何のために会社を経営しているのか?」常日頃から自らに問い続けるべきです。うまくいかないのは得てして仕事そのものではなく、物事をどう捉えているかによることのほうが多いのです。 ==

会社は【公の器】であり、法と倫理(人として守り行うべき道で、思想だけではなく行動面も重視。また、善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの)に則って運営されてしかるべきです。

  ―― 【金】でつながった人間関係は脆くて崩れやすいもの ――

時として、残念なことに、業績を社員の皆さんとともに倍々に伸ばしても、経営者が色情に走って散財することで【人の和】が壊れたり、または瞬間風速で出している業績を、長年の実力と勘違いをして、傲慢さから身勝手な豪遊で散財を繰り返すこともあります。

また、そういったことが元で【ひとの心】も離れてしまい、結果、業績が極度に悪化して現金も不足がちになると、今度は、なりふり構わずに非人道的な行動を繰り返し、社員や関係者を踏み台にしてでも【金】にしがみつこうとする卑怯な経営者も実際には存在しています。酷い時には逆恨みから復讐に走るケースも・・・。

そうなってしまった場合、いつも巻き込まれてしまうのは社員さんやその家族、そして志を同じくして走っていた方々であって、多くの場合、彼らは被害者になってしまいます。

私には、どうしてもこの【構図】に納得がいきません。胆略的な事では決してうまくはいかず、それは経営者としてではなく、それ以前に【ひとりの人】として【正々堂々】と、どうであるかを常に考え続けていかなければなりません。

  ―― 一に人、二に人、三に人。大切な時間も先送りしてはいけない ――

【金】でつながった人間関係は脆くて崩れやすいものです。そこに人生の生きている意義を見出すことは私には出来ません。私は自分が死ぬときに【金】を残すより、真に社会で役に立つ【人】を残しておきたいと、そう思うようになりました。

そして悔しいかな私がこの道を志すようになった時から実に30年以上も過ぎてしまいました。どれだけ大切な時間を先送りして来てしまったことか。

  ―― 真に社会で役に立つ人格と行動の形成に寄与したい ――

【仕事】は今の生活を支えるため。【人創り】は未来の社会を支えるため。

そして、歩んできた道の出会いの数だけ【感謝】がある。

【人生を共有】させて戴いているみな様に感謝しつつ、願わくば【人創り】の役割を共に担わせて戴きたく切にお願い申し上げる次第です。

チームBMG江藤知明

Team BMG Organized Group
への【一般的なお問い合せ】はこちら

Team BMG Organized Group with Team BMG Organized Group : As a firm we pride ourselves on giving clients the technical knowledge and service quality with a focus on personal relationships and affordability.